■アイシングクッキーとは?

 

焼いたクッキーの表面を、お砂糖や卵白を着色してデコレーションしたクッキー。

半日〜1日かけてしっかり乾燥すれば表面がカッチリ固まり、持ち歩きにも便利。

ウエディングのプチギフトや、 お名前入の出産内祝いなどにぴったりな華やかな見た目と、

持ち運びやすさから根強い人気があります。

 

 

■アイシングシュガーパウダーとは

 

 

アイシングシュガーパウダーとは

 

アイシングクリームの作り方には複数の手法がありますが、

当社の「アイシングシュガーパウダー」は水を混ぜるだけで簡単に、

いつもと同じ状態のクリームになります。

特に、名前を描くのに少しだけ使いたい時など、このパウダーが手元にあると

便利です。 また、お砂糖と卵白を混ぜただけのバリッとした食感とは違い、

歯触りがソフトで食べやすいのも特徴。

 

あなたは面倒な作業や無駄から解放され、いつも同じ状態のクリームで可愛いデザイン作りや、 ラインを美しく描くこ

とに集中いただけます。

 

 

 

 

■アイシングクリームの作り方

 

■用意する食材 アイシングシュガーパウダー/水/アイシングカラー/焼いたクッキー

 

■必要な道具 ボウル混ぜるヘラ絞り袋口金/小さなスプーンや竹串などは必要に応じて

 

 

 

 

 

水を混ぜる。

 

以上。

 

アイシングクッキーを作るとき、一番難しいのが「クリームの固さ」です。

 

基本は2種類で、絵柄や文字などを描く「しっかりした固さのクリーム(=かため)」と、

 

クッキーの表面をおおうように塗るやわらかいクリーム(=ゆるめ)」があります。

 

アイシングシュガーパウダーに入れる水の目安

 

■かため…粉100g:水は大さじ1杯 ■ゆるめ…粉100g:水は大さじ1.5杯

 

水分量は室温や季節によって変わることもあるので、あまり神経質にならなくてもOK。

粉を1/3程度残しておけば、柔らかすぎても足せば調整できます。

 

 

こんな感じの違いです。

 

 

丁度良い固さになったら、ゆるめのクリームは密閉容器に保管し、固めのクリームは絞り袋に入れます。

絞り口をご使用の場合は、丸い口先をご用意下さい。

 

今回はアテコ社「2番」の口金を使用します。 もちろん、コルネスクイーズボトルでもいいですよ。

口金だと色々な絞り口があるので様々なデコレーションができますよ。

 

初心者の方は特に、あまり細すぎる絞り口を使うとラインのブレが目立つので、

最初はしっかりした線の描けるものにして、慣れたら細めを使っていくほうが良いですよ。

 

 

■基本のアイシング方法

 

 

 

 

まずはかためのアイシングクリームでぬりえの様に縁取りをします。

その後、ゆるめのアイシングクリームで線の内側を塗りつぶして下さい。

細かい部分を塗るのに、コーヒー屋さんでもらったスプーンや、竹串や筆をなふど。

やりやすい道具をみつけてみてください。

 

 

やわらかいクリームの表面がなめらかになっていない場合は、

クッキーをしっかり持って左右に振り、表面を平らにしてください。

表面は比較的早く乾いてきますが、中までしっかり乾燥させるなら半日〜一晩しっかり乾かすのが良いです。

 

 

■アイシングクリームの作業中の保管方法

 

 

 

水と混ぜたクリームは空気に触れると徐々に固まっていきます。

作業中に使わないクリームは 密閉容器にいれラップをした後にフタをして保管すると乾燥しにくくなります。

 

また、カラー別に作った絞り袋なども使わないときは口金キャップやラップをして

密閉容器にいれ保管しておくと乾燥しづらくなります。

  

 

■アイシングクリームに着色する

 

 

 

アイシングシュガーは水と混ぜた状態だと白のクリームになります。

カラフルなデコレーションをしたいのであれば 着色料を混ぜてお好みのカラーにしましょう。

写真の様に楊枝やケーキテスターでチョンっと少しだけまぜましょう。

オススメの着色料は アイシングカラーといってジェル状のものがオススメです。

粉状ですと粒が残ったりするのでジェルのカラーを使いましょう。 色の濃さは量で調節します。

 

 

★こんな風に特色が作れます★

CKのアイシングカラーはとても発色がいいのが特徴ですが。

z青やピンクに茶色や黒を混ぜるとトーンの落ちた落ち着いた色になります。

 

大人っぽくデコレーションしたいときにオススメです。

他にもカラーを合わせればアイシングカラーに入っていない カラーを作る事もできます。

 

 

オススメのアイシングカラーはこちらです。

 

     

CK アイシングカラー(ジェル状)8色セット(ブラック入り) [40-108J]

CK アイシングカラー(ジェル状)4色セット [40-104]

 

 

 

■アイシングテクニック

 

  

 上の写真のフチやお花はプクっと立体的で黄色のドットがフラットになっています。

どうやって凸凹を出すのかご説明します。 表面をゆるめのクリームで塗った後、

すぐに模様を描くとベースに沈みフラットな柄になります。

 

表面がある程度乾燥した後模様を描くとプクッとした立体的な柄になります。

デザインによってテクニックを変えると印象をガラっと変わりますので覚えておくと便利ですよ。

 

 

 

 

 

透明シートやクッキングペーパーで下絵通りに絵を描いて乾燥。ケーキやクッキーの上に付けることが できます。

フリーハンドのアイシングデコレーションに自信のないかたはこの方法がオススメです。

アイシングクリームがあまったら、こんなふうに色々なパーツを作っておけばデコパーツとして

いざという時につかえますよ。密閉容器で保管できます♪

 

 

 

■アイシングクッキーに適したクッキー

 

 

 

アイシングクッキー用のクッキーは厚さが均等にし、平にすることがポイント♪

そんなとき便利なアイテムが Stadter クッキー生地の厚みを均等にできる板

Bakelicious 厚さを調整できる「めん棒」を使うと簡単に 厚みが均等なクッキーが焼けます。

Stadter クッキー生地の厚みを均等にできる板 [G819047]

Bakelicious 厚さを調整できる「めん棒」木製 [F73809]

 

 

■ラッピング

 

 

せっかく可愛くデコレーションしたので透明の袋でラッピングするのがオススメです。

クッキーが割れやすそうな形なら下に厚紙や小さな紙皿を敷いてラッピングすれば 割れづらくなりますよ。

リボンツイストタイを使って可愛くラッピングしてみて下さいね。

 

 

 

水だけで簡単に出来るアイシングシュガーパウダーはこちらです→→

 

 

 

★アイシングクッキー作りに便利なアイテムはこちら★TOP使用クッキー型「プロムドレス&ハイヒール