ハロウィンのケーキポップスを作ってみよう♪ってことで
秋まで楽しめそうな「パンプキンのケーキポップス」に挑戦してみました。

材料はオレンジのキャンディライターメガ1本パラマウントクリスタルを大さじ1杯くらい用意。
今回はBallメイソンジャー瓶4ozに、メガとパラマウントを入れてよく混ぜます。




メガは1本まるまる絞ると、この瓶1杯分くらいになりました。

丸めたケーキをドボンと浸すケーキポップスの場合、チョコを入れる器は
丸めたケーキがしっかり浸かるけど出来れば小さめ、にするとチョコが無駄にならないです。

パレットナイフからスムーズに流れ落ちるようになれば、準備はOK!





ケーキを潰したら細かくし、生地を潰し混ぜるような感覚でしっかり団子に丸めてね。
レシピは手軽な食パンレシピをご用意してますので、ご参考に。

団子の大きさは好きずきですが、あまり大きいと重くなって棒から落ちる原因にもなるので
初心者さんはできれば、20〜25gくらいから始めるほうが良いかも。



ちなみに今回のこの生地は以前作って冷凍しといたバナナパウンドケーキにフロスティングを混ぜたものです。



カボチャのケーキポップスを作るときは、スジをつけてからチョコに浸します。

筋にチョコが入り込みますので、筋は少し大げさなくらいにつけたほうがいいです。
左はアイスの棒、右はアップルキャンディの棒を使ってみましたが、右のほうがベター。




作り方は、棒の先端にチョコをつけて団子をくっつける

根本のチョコが固まったらケーキごとチョコに浸す

手首や棒を軽くトントンと打ちながら余分なチョコを落とし

チョコが完全に固まり切る前にデコレーション、です。



カボチャには緑のヘタを付けるのにウッカリ忘れてたので、今回はあわてて
フルーツグラノーラから緑の粒を探しましたが、この商品の中にはグリーンが少なくて焦りました(汗)



パーツが無ければキャンディライターのグリーンを使って自作してもOK。
プリッツやポッキーなどを少しカットしてグリーンのキャンディライターで色づけして作れます。




ケーキポップスは、チョコが固まるまで立てて置く場所が必要ですが、
新商品の柄入りのストロー状ケーキポップス棒は太めなのでポップススタンドは使えません。

この場合、ケーキダミーのような発砲スチロールをご用意頂き、アップルキャンディの棒で
ぐいっと穴をあけておき、そこへストローを刺すのが良いと思います。





ケーキポップス作りでよくあるのが、棒からケーキが落ちてしまうこと。

そんな方にはケーキに触れる面積があるポップス専用の棒もご用意していますので
不安な方はこちらをお試し頂くのも良いかもしれません。





丸めた団子を棒につけてからでは成形しづらいなら、まず最初に団子に筋などを入れ、
それから棒を刺すのも良いかもしれません。やりやすい方法でどーぞ♪





今回、新発売のケーキポップス用スティック棒を試してみましたが、ストロー状ですが
ストローより長さが短く、なんで?と思いながら使い始めたんですけどね、、、

やってみて感じたのは「短いストローのほうが団子の安定感が良かった」ということ。



長いストローの先についた団子のほうが重い感じがして、ポロッと団子がとれちゃったのがあったので、
初心者の方であれば、短めからトライするのをお薦めします。

なんてことで、顔を描かなくても、ぐいっと深めの筋をいくつか入れておくだけで
カボチャのケーキポップスができちゃいます。お試しあれ♪